ボートレース平和島の水面は東京湾の運河・・。


ベタなタイトルですが、その通りで水面は海水、東京湾。運河のどんつきです。
1マークの先は東京湾に繋がっています。
でもレース映像では1マークの先は映りません(当たり前ですが)。
ではどうなっているのでしょう?と言う訳で写真にてご紹介。


レース映像では映らない1マーク側の奥です。1マーク側の先には消波装置(?)が見えます。
左下の建物は物流センター。
2マーク側は運河の行き止まりになっています。昔は平和の森公園も無くて、滝のあるところもずっと運河で突き抜けていました。公園が出来て陸つなぎになりました。


左端にちょこっと見えるのが1マーク。その先は右に曲がって運河が続いています。はしけも見えます。橋は海岸通りと首都高1号羽田線。

その先には大井競馬場。いやあ近いですねえ、こう見ると・・。水上バスの船着場も見えます。しながわ水族館への水路でしたが、現在は休航となっています。その昔は水上バスの曳き波が結構入って来てピットアウトがちょっと遅れたりしました。

運河が続きます。この先は大人の事情で撮れませんでした・・。
奥に掛かる橋は東京モノレールの鉄橋です。緑は大井埠頭海浜公園。公園手前で運河は左右に分かれます。

と、1マークの先はこんな感じです。潮位もあります。魚も沢山います。運河とは言えやっぱり海なんですねえ・・。


1958年頃の平和島です。その名の通り、島でした。ピットも見えますが、詳しい見取りは判りませんねえ・・。右の橋が平和橋。現在は周辺もすっかり埋め立てられて、橋の右手が現在は平和の森公園です。レース場が出来る前の平和島は、戦中は捕虜収容所、戦後は戦犯一時収容所と使用された歴史もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です